ここから本文です。

先輩社員の声

採用情報HOME > 先輩社員の声 > 高橋 賢太郎
高橋 賢太郎

高橋 賢太郎

2011年入社
工事統括部 工事部 第1課 工事主任
大学卒(建築学科)

Q1 現在の仕事の内容は?

 現場代理人として新築工事の給排水・空調・自動制御設備などの施工管理を行っています。
 施主・設計・ゼネコンとの打ち合わせや職人さんの手配、工程の調整、予算・品質管理・安全管理、資機材発注や施工図作成、書類の作成が業務内容となっています。

Q2 池田煖房工業を志望した理由は?

 大学で環境工学を学び、空調メーカーさんと共同研究をしていく中で、建物における空調の役割の重要性を知り、興味を持ちました。ですが、最初に就いた職は接客業でした。色々経験していく中で、建築学科を卒業しているので建設業界に身をおきたいと思いました。
 北海道から離れたくないとの思いもあり、建築設備業界で道内トップの当社に就職したいと志望しました。

Q3 この仕事の魅力・やりがいを教えて下さい。

 工事現場ごとに身の周りや環境が変わります。工事する地域が変わり、工事スタッフも現場ごとに変わり、色々な先輩社員と一緒に仕事することで考え方に磨きがかかります。
 ゼネコンさんや協力会社の人たちと同じ建物を作る上で様々な議論を行い、より良い建物にしたいという思いを共有し、一つの建物ができたときの感動は言葉では言い表せません。

Q4 仕事のうえで、「一番うれしかったこと」か、「この仕事に就いて良かったと思うこと」を教えて下さい。

 一番うれしかったことは上司・先輩やゼネコンの所長さんにこの現場はあなたがいたから上手く仕事が回って無事に終わりましたと言われたことです。
 私たちは現場が終われば、新たな場所で、他の会社を含めた新たな組織で仕事をすることになります。色々な人と仕事する中で、自分の役回りを考え、協力会社含め各々が円滑に仕事ができ、一つの建物ができた達成感はこの仕事について良かったと思います。

Q5 将来の夢、目標を教えて下さい。

 技術者としてしっかりとした知識と経験で、よりよい提案・施工を行い、少しでも環境に対する負荷が減るような建物造りを行っていく事です。

Q6 学生へのメッセージをどうぞ。

 自分たちが生活するうえで建築設備は身近なものではないでしょうか?蛇口をひねれば水やお湯がでて、トイレでは水を流し、暑いときにはエアコンを、寒いときには暖房機器を利用しますよね。どのような仕組みで動いているのか興味があれば、あなたに向いている仕事なのかもしれません。
 身近にある設備と私たちの仕事は直結しています。快適な生活を送るうえで欠かせない、重要な仕事です。一緒に建物を造り、この達成感を共有してみませんか?

1日のスケジュール

6:30
起床~出勤
7:15頃
現場事務所へ出勤
8:00
朝礼
9:00
現場巡回、図面・書類作成
12:00
昼食・休憩
13:00
ゼネコンと工程打ち合わせ
14:00
現場巡回、図面・書類作成
17:00
現場作業終了
18:00
図面・書類作成
19:00
翌日の作業内容確認と準備、業務日報の記入
20:00
帰宅~夕食~入浴
21:00
家族と団らん
23:00頃
就寝

本文ここまで

フッターメニューここまで